男性

インターネットの引っ越しの手間を省ける!

住所移転とメールアドレス

男女

変更が必要な場合も

自宅やオフィスが移転する時はインターネットについても引っ越し手続きが必要になりますが、その際気をつけるべきなのが、メールアドレスがそのまま使えるかどうかという点です。一般的なオフィスビルや集合住宅では、インターネットの接続業者は各テナントが自由に選ぶことができます。そのため、移転前のプロバイダとの契約を継続すれば、引っ越し後も引き続き同じメールアドレスを使用できます。しかしレンタルオフィスやマンスリーマンションなど一部の物件では、契約できるプロバイダが限られているケースがあります。その場合はたまたま以前から契約していたのと同じプロバイダでない限りはメールアドレスも変更になるため、友人・知人や取引先などに変更後ただちに連絡をする必要があります。

同じアドレスを使う工夫

ただし、引っ越し後も同じメールアドレスを使い続ける方法もあります。それは以前のインターネットプロバイダを解約してしまうのでなく、ダイヤルアップ接続に契約コースを変更することです。すべてのプロバイダが対応しているわけではありませんが、この方法だとインターネット本体は別のプロバイダと契約する一方、1月当たり200〜400円程度の利用料を支払うことでメールサービスのみを継続利用することができます。また、最近はこうした手間が不要になるとして、ウェブメールが人気を集めています。ウェブメールはインターネットブラウザを通してメッセージのやり取りができるメールサービスです。プロバイダ契約とは無関係に利用できるため、引っ越し以前から利用していれば同じアドレスをずっと使い続けることができます。

ファイル

ストレージを使いこなそう

社内でのファイル共有をする場合に活用できる手段として、オンライン上にデータを保管できるストレージは有効です。利用もしやすくセキュリティ面の不安も少ないため、ビジネスで利用している人も多いことが特徴です。

オフィス

無償対応サービスの利用

パソコンなどの故障時にソナ萎えてデータ復旧の無償保証サービスを利用するケースが増えていますが、バックアップの懸念を低下させられるのが理由です。導入時に加入を検討しなければならないことが多いものの、その後になっても受け付けてくれる業者もあります。

パソコンを操作する男性

データ共有から送信へ

ターゲッティングが行われることからデータ共有に比べてデータ送信は第三者にデータにアクセスされるリスクが低いのが特徴です。全社員が利用しても耐えられるサーバーを持っている業者を選ぶことが大切になります。